高校留学で耳寄りの情報

アメリカへの高校留学では、ニューヨークなどにみられる本土の主要都市が一般的で、そのほかハワイも挙げられます。


中でもサイパンでは、ほかの地域で勉強する以外にメリットがあるので気になるところです。

高校留学のことならこちらをご活用ください。

日本の小笠原諸島の南に位置するサイパンは人口約5万8千人、面積は日本の小豆島を一回り小さくしたほどの大きさでアメリカ合衆国の自治領です。

地理的にいえば日本からもっとも近い英語圏で、直行便でわずか3時間でアクセスでき、時差が1時間しかないので高校留学で現地についてから時差ボケすることは先ず考えられないので安心です。

エキサイトニュースの情報はかなり役に立ちます。

透き通ったきれい海に囲まれてリゾート・アイランドではあるものの近くのグアムに比べるとのんびりしていて娯楽も少ないので長期の留学では勉強に集中できます。


高校留学では、3泊4日のサイパンそのものと語学学校の雰囲気を体験することを目的としたツアーや1週間〜のコースといった短期のプログラムがあります。また、サイパンはアメリカ領なので、教育システムも完備されていてビザ取得がスムーズなことと費用がリーズナブル、その上治安もよいので、長期の高校留学プログラムが人気です。サイパンの高校を卒業後、アメリカ本土の大学へ進学できることもあり、益々注目が集まっています。



短期のコースでは、ホテル滞在やホームステイですが、長期の高校留学では学生用コンドミニアムでの1人部屋となるのが一般的です。
環境が良く、有名なアメリカの大学に進学できることで、非英語圏のアジアの高校生の中には1年とはいわず2、3年サイパンで留学しているケースも多く見かけるほどです。